PR

産経WEST 産経WEST

飲酒事故身代わり依頼疑い 北九州市教委幹部を逮捕

Messenger

 福岡県警早良署は7日、酒気帯び運転で事故を起こし、交際相手の女に身代わりを依頼したとして、犯人隠避教唆などの疑いで北九州市教育委員会中央図書館の図書館業務担当課長、庄展彦容疑者(59)=同市八幡西区千代ケ崎=を、犯人隠避の疑いで派遣社員、浦本千鶴容疑者(49)=福岡市早良区室見=をそれぞれ逮捕した。2人は容疑を否認している。

 庄容疑者の逮捕容疑は10月14日午後7時35分ごろ、福岡市早良区室見の路上で酒気帯びの状態で車を運転し、駐車中の車2台に衝突させ、浦本容疑者に身代わりを頼んだとしている。

 浦本容疑者の容疑は、警察官に虚偽の申告をして犯人を隠避したとしている。

 署によると、近隣住民の110番で駆け付けた署員が2人に呼気検査を求めたが、庄容疑者は拒否。約6時間後の強制採血で、基準値を下回るアルコールが検出されたが、事故当時は基準値を超えていたと判断した。浦本容疑者からは検出されなかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ