PR

産経WEST 産経WEST

【日本シリーズ】第6戦速報(8完)ソフトバンク2年連続日本一 2-0継投で逃げ切り 4連勝で決める

日本一を決めて胴上げされるソフトバンクの工藤公康監督=3日、マツダスタジアム(松永渉平撮影)
Messenger

 ソフトバンクの2年連続日本一が決まった。日本シリーズは3日、マツダスタジアムに舞台を戻して第6戦が行われ、ソフトバンクが広島に2-0で勝利。対戦成績を4勝1敗1分けとし、2年連続日本一を達成した。広島は34年ぶりの頂点に立つことができなかった。

 ソフトバンクは四回1死二、三塁で西田が投前にスクイズを決めて先制。五回にはグラシアルの左越え本塁打で1点を加えた。

 広島は先発ジョンソンが6回3安打2失点と好投したが、打線が先発バンデンハーク以下、ソフトバンク自慢の継投の前に連打が奪えず、最後は守護神・森に抑えられ、無得点のまま悲願達成の夢は潰えた。

 今シリーズ限りでの引退が決まっている広島の新井は八回に代打で登場、遊ゴロで現役生活を終えた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ