PR

産経WEST 産経WEST

【動画あり】大津で初のかるた世界大会 8カ国が熱戦、優勝はフランス

競技かるた世界大会で予選に臨む外国人選手=3日午後、滋賀県大津市の近江神宮(沢野貴信撮影)
Messenger

 「かるたの聖地」として知られる大津市の近江神宮で3日、世界初の競技かるた国別対抗団体戦が開かれた。日本を含む8カ国の選手が熱戦を繰り広げ、フランスが優勝を飾った。

 海外からは米国、イタリア、中国、ブラジル、ハンガリー、フランス、タイの7カ国の選手が参戦。日本代表として10月の大会を勝ち抜いた小中学生の2チームと、特別参加の留学生チームを加えた計10チームが3人一組の団体戦で争った。

 決勝では日本とフランスが対戦。約1時間にわたる熱戦の末、フランスが勝利した。主将のロマン・エデルマンさん(29)は「チームのみんなが粘り強く戦ってくれたおかげ。世界一になれてうれしい」と喜んでいた。

 競技かるたに青春をかける女子高生の姿を描いた漫画「ちはやふる」のアニメ版が海外にも配信され、かるた人気に火が付く中、大津市などが観光振興や国際交流を目的に開催した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ