PR

産経WEST 産経WEST

矢野監督「充実した初日」 阪神が秋季キャンプ開始

選手と笑顔で話す阪神・矢野燿大監督=安芸市営球場(撮影・山田喜貴)
選手と笑顔で話す阪神・矢野燿大監督=安芸市営球場(撮影・山田喜貴)

 阪神の秋季キャンプが1日、高知県安芸市で始まった。走塁の意識を高めるために、全員参加のベースランニングから練習がスタート、野手はフリー打撃、投手はブルペンの投球練習などで汗を流した。18日まで行われる今回のキャンプには藤浪や梅野ら中堅・若手が中心に参加。今季最下位からの再建へ向けたチーム作りが本格化する。

 矢野新監督にとって、自身初の指揮となる安芸キャンプ。タイミングを見計らって選手たちに歩み寄って話しかけ、打撃練習では身ぶり手ぶりをまじえて指導。日暮れまで及んだ初日の練習を終え、「みんないい顔をしていて、充実した初日を過ごせた」と明るい口調で振り返った。

 今後は強化手法にも矢野監督らしさが出てくることになりそうだ。「秋だからこそ、極端にやる部分もあっていい」と指揮官。「選手たちが、来季を楽しみに思えるようなキャンプにしたい」と意気込みを示す。矢野カラーに染めることで、阪神は生まれ変われるか。(吉原知也)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ