PR

産経WEST 産経WEST

源氏物語「玉鬘」の神社創祀 奈良・桜井

建立された玉鬘神社=奈良県桜井市(玉鬘神社創祀の会提供)
Messenger

 「源氏物語」に登場する姫君、玉鬘(たまかずら)ゆかりの奈良県桜井市初瀬で、「玉鬘神社」を創祀する計画が進められ、今月落慶を迎える。10~13日に神事や関連行事があり、同市発祥とされる能楽・宝生(ほうしょう)流が「玉葛」などを奉納。長谷寺も近く、神仏習合の信仰や玉鬘に思いをはせる聖地となりそうだ。

 玉鬘は源氏物語第22帖に描かれ、美貌ゆえに数奇な運命をたどる。筑紫から上京し、長谷寺に詣でた際、母、夕顔の侍女だった右近に再会。光源氏の養女となる。能「玉葛」(玉鬘)でも長谷寺を舞台に描かれ、ゆかりの「二本の杉」も知られる。

 玉鬘神社は、近くの與喜(よき)天満神社の金子清作宮司らが呼びかけ、玉鬘神社創祀の会(会長、鈴木正彦・和洋女子大名誉教授)が計画を進めてきた。創祀の地には玉鬘にちなむ庵があったといい、本殿や鳥居などを整備。主祭神は玉鬘姫命で、夕顔姫命や右近姫命も祭る。

 神社では10日午前10時半から、「源氏物語」の朗読や千田稔・県立図書情報館長の講演、歌曲「玉かずら」の披露を予定。11、12日に神事があり、13日午後1時から宝生流宗家の宝生和英さんが能「翁」、同流の辰巳満次郎さんが半能「玉葛」を奉納する。いずれも無料。

 金子宮司は「玉鬘神社で心を和ませてもらい、日本の原点はこういうところにあると提案したい」と話している。

 問い合わせは玉鬘神社創祀の会((電)0744・55・2300)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ