PR

産経WEST 産経WEST

【橋本奈実の芸能なで読み】宝塚歌劇団星組トップ、紅ゆずると座付き演出家、小柳奈穂子氏に学ぶ“1行の要約”

台湾公演への意気込みを語る星組トップスター、紅ゆずると演出家の小柳奈穂子氏
Messenger

 取材をしていると、「話し上手だな」と思う方がいらっしゃいます。なかでも、先に「結論」や「要約」を語る方の話は、とても印象に残ります。「まず結論、それからその理由」というのは、ビジネスシーンでの会話でもよく言われることですよね。

 台湾公演「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀(とうりけんゆうき)」「Killer Rouge/星秀☆煌紅」の開幕前、大阪市内で主演の星組トップ、紅(くれない)ゆずるさんと、「-東離劍遊紀」の演出を務める座付き演出家の小柳奈穂子さんの取材会がありました。

 大阪出身の紅さんは、おそらく無意識に、テンポよく「結論から語る」話し上手です。取材で台湾公演の演目を国内で上演したときを振り返り、「私、大阪公演で右手つったんですよ」と言った後、「ずっと(キセルを持っていて)重くて」と続けた。先に「手がつった」と言われると、「え、なんだろう?」と思わず、話に引き込まれますよね。

 また、ショーでおなじみの“濃いキャラクター”にふんしてトークをする際、現地の言葉を話すかを問われると、まず「紅子(べにこ)は屈しない」と言って笑わせてから、「大阪弁でいきます」と語りました。言葉選びも秀逸です。

 “短い要約”。それは漫画やゲームなどを原作とした“2・5次元ミュージカル”を得意とする座付き演出家の小柳さんの、作品作りの要でもあります。

 小柳さんが手掛ける原作ものには登場人物が多い。そこで物語が散漫にならないため、必ず最初に「1ライン・プロット(1行の要約)」を立てる。それを軸にエピソードを挟み込んでいくそうです。

 今回の「-東離劍遊紀」は、虚淵玄氏によるオリジナルストーリーの、台湾の伝統的な人形演劇「布袋劇」が原作。立てた1ライン・プロットは、『主人公にお友達ができる話』だ。

 ヒロインを守るクセのある仲間たちの1人で、主人公の凜雪鴉(りんせつあ)は謎の人物。「彼は何でもできる人であるがゆえに、人生に退屈していた。でも、ある人に興味を持つことで、生きる意味を見つけていく」と小柳さん。

 人気長編漫画が原作の宙組公演「天は赤い河のほとり」の場合は、『なぜ小国がエジプトを追い返せたか、という話』。「それは、現代から来た女の子の力-鉄の発見です。そこで内政を押さえ込めば勝てるという軸です」

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ