PR

産経WEST 産経WEST

交際相手絞殺の男性に逆転無罪判決 大阪高裁 薬物中毒死の可能性指摘

Messenger

 大阪市北区で平成26年7月、交際相手の女性を絞殺したとして、殺人罪に問われた男性被告(40)の控訴審判決公判が31日、大阪高裁で開かれた。村山浩昭裁判長は懲役9年(求刑懲役18年)とした1審大阪地裁の裁判員裁判判決を破棄、無罪を言い渡した。

 男性は公判で「女性に突然手をかまれ、失神させるためにブラジリアン柔術の絞め技をかけた」と無罪を主張していたが、1審判決では女性の死因を男性が格闘技の技で首を絞めたことによる窒息死とし、殺意も認定していた。

 村山裁判長は判決理由で、危険ドラッグを多量に摂取したことや、絞め技を受けたことと摂取によるストレス反応が突然死を引き起こした可能性があると指摘。遺体の状況などから「女性の死因を窒息死とするには合理的な疑いが残る」とした。男性が絞め技をかけた行為については正当防衛の成立を認めた。

 1審判決は、男性は26年7月12日ごろ、同市北区のタワーマンションの自宅で、交際相手の女性=当時(21)=に対し、背後から左腕で首を絞め窒息死させたとしていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ