PR

産経WEST 産経WEST

ガス元栓を無断で閉め供給妨害、76歳を書類送検 京都府警

Messenger

 屋外に設置された他人方のガスの元栓を操作し、ガスの供給を妨害したとして、京都府警北署は31日、ガス事業法違反容疑で、京都市北区の自営業の男(76)を書類送検した。「イライラしてやった。少なくとも200回くらいやった」などと供述しているという。

 同署によると、同区内で6月下旬ごろからガスが遮断される被害が発生し、警察やガス会社に相談が相次いだ。10月2日、警戒中の署員が元栓を閉めている男を発見し、話を聞いたところ、関与を認めたという。男は、「家の人が騒ぎになるのを想像するのがおもしろかった」と話し、元栓を閉める家を無差別に選んでいたという。

 書類送検容疑は6月28日~10月2日にかけ、約20回にわたって同区の民家10軒のガスの元栓を操作し、ガスの供給を妨害したとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ