PR

産経WEST 産経WEST

東海道新幹線から部品落下か

Messenger

 JR東海は30日、東海道新幹線「N700系」の車両で部品1個(縦約9センチ、横約13センチ、厚さ約5センチ、重さ約1・8キロ)がなくなっているのが見つかったと発表した。同社は走行中に落下した可能性もあるとみて線路などを捜している。けが人はない。車両の安全性や運行に影響はないという。

 同社によると、欠落していたのは、車輪表面についた汚れを落とすための「研摩子」という部品。各車輪の上部に金具で固定して装着されている。

 同日午前5時半ごろ、大阪府摂津市の検査車両所で社員が車両の15号車を検査中に気付いた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ