PR

産経WEST 産経WEST

「息子の存在、風化させぬ」西日本高速の過労自殺で遺族ら会見

Messenger

 西日本高速道路(大阪市)の社員だった男性=当時(34)=が過労自殺した問題で、遺族と代理人弁護士が30日、神戸市内で会見し、同社に対し「同じ問題が二度と起こらないよう労務管理を徹底してほしい」と訴えた。同社は31日の記者会見で正式に謝罪する方針。

 代理人弁護士によると、平成28年10月、長時間労働の実態を明らかにするため大阪簡裁に調停を申し立て、今月29日に成立。同社側が不適切な労務管理や残業代の未払いを認めるほか、男性が亡くなった旧社員寮(神戸市垂水区)に慰霊碑を設置することなどで合意した。

 会見した母親は「会社に要求した内容を全て実現できた。息子には『母さん頑張ったよ』と伝えたい」と話した。また、慰霊碑の設置については「過労自殺した息子の存在を風化させず、再発防止につなげてほしい」と訴えた。

 男性は26年10月の異動後、時間外労働が最長で月178時間におよぶなどし鬱病を発症。27年2月に社員寮内で自殺した。神戸西労働基準監督署が同年12月、労災認定した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ