PR

産経WEST 産経WEST

【エンタメよもやま話】東京五輪2020年、世界不況に陥る? そのワケ

Messenger

 それによると、景気後退が始まる時期について、全体の56%が2020年と回答。以下、33%が2021年、10%が来年、つまり2019年と予想していたのです。そして、その主要因については41%が前述した貿易政策が最大の景気の下ぶれのリスクであると答え、18%は高い金利と株式市場での株価の大幅な下落、もしくは変動であるとみていました。

 ちなみ8月2日付の米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)も『次の景気後退の詳細や時期を自信を持って予測するのは不可能だが、景気拡大への新たな脅威を特定できる…それは2020年に進展するだろう…』

 どうやら、日本でも2020年には大変なことが起きそうですね。先日の“世界同時株安”はその予兆なのかも知れません。

 ちなみに、前述したガーディアン紙の記事の執筆者であるヌリエル・ルビーニ氏は、リーマン・ショック後の2009年、英紙タイムズのインタビューでこう答えています。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ