PR

産経WEST 産経WEST

西日本高速 社員過労自殺 謝罪へ 旧社員寮に慰霊碑設置

Messenger

 西日本高速道路(大阪市)の社員だった男性=当時(34)=が過労自殺した問題で、同社が遺族との調停で労務管理の不適切さを認め、公式の場で謝罪する内容で合意したことが30日、分かった。遺族側の代理人弁護士が明らかにした。同社は男性が亡くなった旧社員寮に慰霊碑を設置するほか、今後労働時間を正確に把握し再発防止に努めるという。

 代理人弁護士によると、平成28年10月、遺族が長時間労働の実態を明らかにするため未払い残業代の支払いを求めて大阪簡裁に調停を申し立てていた。

 同社は31日の記者会見で、合意内容を公表し、正式に謝罪するとみられる。遺族側の要望を受け、男性が自殺した旧社員寮(神戸市)の敷地内に慰霊碑を建立する。

 問題をめぐっては、男性は26年10月、異動後に未経験の業務を担当。時間外労働が最長で月178時間に及び、鬱病を発症し、27年2月に社員寮で自殺した。同年12月、神戸西労基署が労災を認定していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ