PR

産経WEST 産経WEST

【日本シリーズ】第2戦速報(4)鈴木が2点適時打、広島が中押し

Messenger

前のニュース

日本シリーズ広島対ソフトバンク第2戦 5回、適時打を放つ広島・鈴木誠也=28日、マツダスタジアム(撮影・森田達也)
日本シリーズ広島対ソフトバンク第2戦 5回、適時打を放つ広島・鈴木誠也=28日、マツダスタジアム(撮影・森田達也)

 五回、広島が3連打で2点を奪い、ソフトバンクを突き放した。1死から菊池の左前打と丸の右翼線二塁打で二、三塁とし、4番鈴木が中前へ2点適時打。丸は今シリーズ初安打。鈴木は一回の適時内野安打と合わせて3打点目を挙げた。

 ソフトバンクは広島の先発ジョンソンに苦戦。四回に今宮のチーム初安打などで無死一、三塁の好機を作ったが、グラシアルがショートライナー、柳田が空振り三振、デスパイネが遊ゴロに倒れ、得点を奪えなかった。

 試合は五回まで、5-0と広島がリードしている。

次のニュース

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ