PR

産経WEST 産経WEST

和歌山・生石高原でススキが見ごろ

見ごろとなった生石高原のススキ=和歌山県有田川町、紀美野町(ドローン使用、山田哲司撮影)
Messenger

 和歌山県紀美野(きみの)町と有田川(ありだがわ)町にまたがる生石(おいし)高原で、ススキが見頃を迎えている。

 近畿有数のススキの群生地として知られる標高870メートルの生石高原は風が強く、ススキの背丈が低いのが特徴。古くから茅葺屋根や肥料に利用されてきた。展望台からは紀伊水道や淡路島まで一望でき、毎年多くの観光客が訪れる。

 秋の日差しを受け、黄金色に輝くススキの穂は風とともに揺れ、訪れた人たちは秋の深まりを満喫していた。夫婦で訪れた大阪府河内長野市の福本豊勝さん(70)は「前から生石高原のススキを見たかった。たくさんのススキが逆光に輝き、きれいだった」と話していた。

 見頃は11月中旬ごろまで。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ