PR

産経WEST 産経WEST

【浪速風】「KKコンビ」思い出すドラフト会議 やはり笑顔がいい(10月26日)

昭和59年夏の甲子園でPL学園の中村順司監督(手前)の指示を受ける桑田真澄氏(左)と清原和博氏
Messenger

 昭和60(1985)年のドラフト会議はPL学園の「KKコンビ」が話題だった。巨人入りを熱望していた清原和博内野手は指名されず、会見で涙を流した。6球団の競合で西武が交渉権を獲得した。巨人は早大進学を表明していた桑田真澄投手を単独指名した。密約がささやかれ、後味の悪さが残った。

 ▼PLを上回る強さで春夏の甲子園大会を連覇した大阪桐蔭高から4人がドラフトで指名された。なかでも根尾昂(あきら)内野手と藤原恭大(きょうた)外野手が注目の的だったが、それぞれ4球団と3球団によるくじ引きの末、中日、ロッテが交渉権を獲得した。2人ともさわやかな笑顔がいい。こうでなくっちゃ。

 ▼もはや「盟主」だの「名門」だのが幅を利かせるプロ野球界ではない。強い球団には人材を発掘し、育てるシステムと戦略がある。だからこそ有望選手も喜んで入団する。時代の変化を感じさせるドラフトだった。にしても、日本シリーズ前という日程はどうにかならないか。

▼そのほかの【浪速風】を読む(こちらをクリック)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ