PR

産経WEST 産経WEST

長岡京跡南西域から大型建物跡 皇室関係の邸宅か

長岡京跡から出土した京内最大クラスの大型建物跡(長岡京市埋蔵文化財センター提供)
Messenger

 京都府長岡京市の長岡京(784~794年)跡から、南北約21メートル、東西約6メートルの大型掘っ立て柱建物跡が見つかり、市埋蔵文化財センターが25日発表した。長岡京跡で出土した建物跡としては最大級。重要な建物にしか使わない「旨」の字が刻印された瓦片も出土していることなどから、同センターは皇室関係の邸宅の可能性が高いとみている。

 病院建設に伴い右京六条三坊三町の1200平方メートル調査。この結果、調査地の西端から南北7間(21メートル)、東西2間(6メートル)、西側1間の庇(ひさし)付きの建物が出土した。柱穴跡は約1メートル四方と巨大で底には柱を支える木製の礎板もあった。同京の南西域から大型建物跡が出土したのは初めて。

 建物が西向きであることから同センターは、それと対の東に庇が付く建物が今回の調査地の西隣・同三坊六町に存在すると想定。邸宅が少なくとも2町(南北120メートル、東西240メートル)に広がっていたことが分かるとしている。

 また調査地の西側から南北5メートル、東西13メートルの建物跡とそれに伴う柵列跡が東西に出土。柱跡は長径20センチの楕円形で、底には瓦状のタイル「●(せん)」が礎板として据えられていた。柱穴に●が使われた例は、同京跡では東院(離宮)跡など数例しかない。

 同センターは「瓦や●を据えた柱、大規模建物跡などを考えると、身分が相当高い人の邸宅。これまで出土していない南西域からの大型建物跡の出土で、京内の土地利用の解明にも大きな成果になった」と話している。

 現地説明会は27日午前10時から(阪急長岡天神駅下車、徒歩すぐ)。

※●は「土ヘンに専」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ