PR

産経WEST 産経WEST

【宝塚歌劇団】宙組新人公演主演の瑠風輝、包容力たっぷりにダ・ヴィンチ役を好演

宙組新人公演に主演した瑠風輝(右)と相手役の夢白あや
Messenger

 宝塚歌劇団宙(そら)組公演「『異人たちのルネサンス』-ダ・ヴィンチが描いた記憶-」の新人公演が23日、兵庫・宝塚大劇場で行われた。入団7年目までの生徒で上演される公演。入団7年目の男役スター、瑠風輝(るかぜ・ひかる)が1メートル74の長身と伸びやかな歌声を生かし、主人公のダ・ヴィンチを包容力たっぷりに演じた。

     ■ ■ ■

 入団7年目。自身最後となる新人公演で4度目の主演を務めた瑠風は、カーテンコールで「実在の人物である芸術家の繊細で自由な心の表現が難しかった。無事にこの日が迎えられ、ホッとしています」と切り出した。作中、仲間に助けられた主人公のように、「私一人では乗り越えられず、新人公演メンバーに助けてもらいました」と感謝を述べた。

 「異人たち-」は、フィレンツェの若き芸術家、レオナルド・ダ・ヴィンチを主人公に描くオリジナル作。ダヴィンチ、その幼なじみのカテリーナ、彼女を愛人にするメディチ家の当主、ロレンツォの恋愛模様を独自の設定で綴(つづ)る。

 終演後の取材で、瑠風は「芸術家を演じることが一番難しかったポイント。東京の新人公演に向け、芸術家らしさと(心の)奥に秘めたものを出せたら」とあらためて反省を口にした。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ