PR

産経WEST 産経WEST

山陽新幹線 車両の横揺れで一時停車 3300人に影響

Messenger

 22日午後9時25分ごろ、博多発名古屋行き山陽新幹線のぞみ96号が岡山-相生間を走行中、車掌が通常と異なる横揺れを確認したため、西明石駅で停車した。車両を点検したが、異常は確認されず、約34分後に運転を再開した。

 JR西日本によると、上下線8本が最大34分遅れ、約3300人に影響した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ