PR

産経WEST 産経WEST

住宅火災で父子死亡 鹿児島・いちき串木野

Messenger

 20日午前0時10分ごろ、鹿児島県いちき串木野市羽島、無職、川口昭彦さん(83)の住宅から出火していると、近所の住民から119番があった。木造平屋約70平方メートルを全焼し、室内から川口さんと、同居の長男、拓海さん(50)が遺体で見つかった。

 いちき串木野署によると、川口さん方は2人暮らし。遺体は仏間と拓海さんの部屋にあった。同署は死因を調べるとともに、地元消防と現場を実況見分し出火原因の特定を進めた。

 近くに住む70代の女性によると、川口さんは脳梗塞の後遺症で足が不自由になり、拓海さんが身の回りの世話をしていたという。女性は「(建物が)激しく燃えていた」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ