PR

産経WEST 産経WEST

落とし物から発覚 大麻所持で米国人旅行者逮捕 

Messenger

 旅行先の日本に大麻のたばこを持ち込んだとして、京都府警下京署は18日、大麻取締法違反(所持)の疑いで、米国籍の無職、マイケル・ジェイ・オブライエン容疑者(70)を逮捕した。容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、16日午前7時ごろ、京都市下京区内のコインランドリーで、大麻のたばこ1本を所持したとしている。

 コインランドリーのオーナーが同日、店内に落ちていたオブライエン容疑者の財布を近くの交番に届け、中に大麻が入っていることが発覚。容疑者は15日から1泊2日の日程で京都を訪れた後、東京へ移動していた。

 容疑者の住む米カリフォルニア州では大麻所持が認められており「医者から痛み止めにもらった。日本では違法だとは知っていたが、うっかり持ち込んでしまった」と供述しているという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ