PR

産経WEST 産経WEST

大阪・富田林署から逃走の男、窃盗十数件に関与か

 樋田淳也容疑者(大阪府警提供)
Messenger

 大阪府警富田林署から逃走し、加重逃走容疑で逮捕された樋田(ひだ)淳也容疑者(30)が逃走中、少なくとも十数件の窃盗事件に関与した疑いがあることが18日、捜査関係者への取材で分かった。被害品は食料品や生活用品が中心で、発生場所は近畿、四国、中国地方と広範囲にわたる。富田林署捜査本部は、樋田容疑者が盗みを繰り返しながら逃走していたとみて裏付けを進める。

 大阪地検堺支部は19日にも、樋田容疑者を加重逃走罪で起訴する見通し。樋田容疑者は同署で勾留される前の5月にも、捜査車両への放火や連続ひったくり事件に関与した疑いがあり、捜査本部は今後、逃走中の事件とともに捜査する。

 捜査関係者によると、樋田容疑者は逃走8日目の8月19日、神戸市垂水区のアウトレットモールでテントを万引したほか、同28日には香川県東かがわ市の家電量販店で、電気シェーバー(約1万5千円相当)を盗むなどした疑いがある。

 愛媛や高知、山口各県でも食料品などの盗難被害があるという。捜査本部が被害を確認しており、さらに増える可能性もある。

 一方、捜査車両への放火事件は5月2日、府警羽曳野署の駐車場で発生。車にはひったくり事件で使われた自転車が積んであり、樋田容疑者が証拠品を燃やそうとした可能性がある。

 同月中には、大阪市などでバイクを使ったひったくり事件も相次ぎ、捜査本部は樋田容疑者が関与した疑いがあるとみている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ