PR

産経WEST 産経WEST

「解明困難」の表記削除 兵庫の中2自殺調査報告書

Messenger

 2016年12月に兵庫県宝塚市立中2年の女子生徒=当時(14)=が自殺した問題で、市教育委員会が設置した第三者委員会が今年7月にまとめた調査報告書に「(自殺した)当事者と話し合わない限り解明は困難」などと記載し、遺族の指摘を受けて記述を削除していたことが18日、遺族への取材で分かった。

 遺族は同日、「本人に聞かなければ理由が分かるはずがないと断定する内容だった」として、調査が不適切だったとする抗議文を公表した。

 抗議文などによると7月以降、第三者委が遺族に報告書の内容を説明。遺族は「完全な解明は困難」などとする記述に異議を唱えた。女子生徒の人格や性格を想像で描写しているとも指摘し、該当部分が削除された。遺族は「調査で最も重視されるべき客観的な事実関係を無視した内容に、強いショックを受けた」としている。

 また、遺族は「ある委員から『人間の死を語ること自体、冒涜だ』と暴言のような発言があった。真実を知りたいという心情を踏みにじるものだ」としている。

 

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ