PR

産経WEST 産経WEST

機長もオセロ元最年少チャンピオン 帰国便で祝福アナウンス

成田空港に到着後、谷田邦彦機長(前列右)らと記念撮影する福地啓介君=15日午後、千葉県成田市(全日本空輸提供)
Messenger

 「オセロの世界チャンピオンにこの飛行機をご利用いただいております。実は以前の記録は-」。9~12日にチェコで開かれた第42回世界オセロ選手権で歴代最年少優勝を果たした横浜市の小学5年、福地啓介君(11)の帰国便の機長は福地君の前の最年少優勝者だった。前記録保持者の機長がアナウンスで新王者を祝福すると、機内は驚きと拍手に包まれたという。

 全日空によると、機長は谷田邦彦さん(51)。谷田さんは、ドイツ・デュッセルドルフ空港を離陸する14日夜(現地時間)、機内アナウンスで福地君ら日本選手団が搭乗していると紹介し、「最年少優勝記録、11歳という快挙でございます」とお祝いの言葉を述べた。さらに「実を申しますと、以前の記録は私自身が1982年に打ち立てた15歳という記録。今回、大幅な更新でございます」とも説明したという。

 オセロ日本選手団は例年、世界選手権の際に全日空便を利用しており、全日空はこれまでも選手団の搭乗便に、かつての世界チャンピオンである谷田さんを配置してきた。

 一般社団法人日本オセロ連盟(東京)によると、谷田さんと福地君は、平成28年9月の第11期オセロ王座戦で対戦経験があり、このときは谷田さんが勝利したという。

 16日、谷田さんは全日空広報部を通じてコメントを発表。「福地君には人生のこの先、忙しいでしょうけれど、オセロを続け、多くの人の目標となる存在でいてほしいと思っています」とエールを送った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ