PR

産経WEST 産経WEST

島嶼奪還で日米共同訓練 陸自と海兵隊、連携強化

 鹿児島県・種子島で米海兵隊との共同訓練を行う陸上自衛隊の水陸機動団=14日午前
Messenger

 陸上自衛隊の離島防衛の専門部隊「水陸機動団」(長崎)は14日、鹿児島県の種子島で米海兵隊第3海兵師団(沖縄)と島嶼(とうしょ)奪還に向けた共同訓練を実施し、報道陣に公開した。訓練は5~19日の日程。尖閣諸島(沖縄県石垣市)を巡る緊張の高まりを背景に、中国に対し、日米の連携強化をアピールする狙いもあるとみられる。

 水陸機動団は、今春創設され「日本版海兵隊」ともいわれる。同団と海兵隊との水陸両用作戦の共同訓練は米ハワイで今夏に実施して以来で国内では初めて。

 14日は陸自約220人、海兵隊約10人のほか、海自輸送艦「おおすみ」などが参加。空が白み始めた午前6時ごろ、水陸機動団の隊員らは沖合に浮かんだ「おおすみ」からボート5隻で発進し、次々と種子島の海岸に上陸した。約1時間後には、迫撃砲を抱えた部隊もボートで海岸に到着し、小走りで敵を遠くから攻撃するための態勢を整えた。

 その後、鹿児島県が所有する旧種子島空港跡地では占拠された空港を奪還するとの想定で、日米の隊員が陸自の大型輸送ヘリコプターCH47から地上に降りた。部隊を指揮した小松慧介3佐は「水陸両用作戦の能力を向上でき、充実した内容だった」とのコメントを出した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ