PR

産経WEST 産経WEST

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】「金本監督電撃解任」の舞台裏 電鉄本社が強硬手段、でもチーム方針変わらなければ…

会見を終え、球団事務所をあとにする金本知憲監督=11日、兵庫県西宮市(宮沢宗士郎撮影)
Messenger

 「金本電撃解任」で矢野燿大(あきひろ)2軍監督(49)の監督昇格でもチームコンセプトを変えない限り、結末は同じです。阪神は10日の本拠地最終戦(DeNA戦)終了後、電鉄本社の命を受けた揚塩(あげしお)健治球団社長が金本知憲監督(50)に辞任勧告。翌11日の辞任発表に至りました。同じく本社首脳の指示により、揚塩球団社長は13日にフェニックス・リーグで宮崎遠征中の矢野2軍監督に新監督就任を要請しました。一度は来季、「金本続投で矢野1軍ヘッドコーチ」が内示された直後の“差し替え要請”です。矢野2軍監督が受諾しても辞退しても、大事なことは来季以降のチームが「勝てるのか」の一点です。オール阪神は今こそ方針の間違いに気づくべきです。

 まさに激震でした。10月11日の午後1時、萎える気持ちをどうにか奮い立たせ、それでも来季に向かおうとしていた金本監督は、甲子園球場横の球団事務所で報道陣の囲み取材の中にいました。わずか数時間前にプレスリリースされた辞任発表の囲みで、小さな声でポツリポツリと語り始めました。

 --球団に辞意を伝えたのか

 「昨日(10日)の試合後ですね」

 --辞任する理由は

 「成績不振です」

 --辞任を考えたのはどのタイミングからなのか 

 「最下位が決まったくらいですね」

 わずか3年前の2015年オフ、監督就任を躊躇(ちゅうちょ)する金本監督に何度もお願いし、まさに三顧の礼をもって監督に招いた阪神球団。その大事な人の辞任発表をテーブルも椅子も用意せず、金本監督は立ったまま。テレビカメラなし、新聞社のカメラマンもなし…の完全NGシフトで行ったのです。

 「なんでテレビカメラを入れないんや。最後くらいはちゃんと舞台を整えて送り出すべきや」

 球団関係者ですら吐き捨てるような報道陣の囲み取材でした。

 そして、辞意を語る金本監督を囲む報道陣の中に異様な光景があったのです。なんと揚塩球団社長、谷本修球団副社長兼本部長、嶌村聡球団副本部長の3人が報道陣の輪の中で必死に監督の言葉を聴いていたのです。揚塩球団社長に至っては耳をダンボにして、監督発言をチェックしているようでもありました。「辞任発表」なのに実情を話されては困る…という深層心理が球団トップの背中に書いていました。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ