PR

産経WEST 産経WEST

【大学発社会をつなぐ】甲南大(上)大型施設とタッグ

Messenger

 谷水さんは1年から活動内容を広報誌で発信する地域広報グループに参加。「フラワーカーペット」は100回目となる記念イベントで、企画内容も学生が初めて考案した。助成金のサポートが受けられる学内の「地域連携支援プロジェクト」にも応募し、「自分たちの思いをどうしても形にしたかった」と話す。

□   □

 谷水さんは応募申請書の作成を担当。地域の絆が薄れつつある現状に触れ、教授らを前にした第2次審査のプレゼンでは「再生」の意味を持つ“雪の結晶”をフラワーカーペットのデザインとして提案してプロジェクトに採択された。

 30万円の助成金は主にパンジーの購入費に充てた。地元の子供たちに栽培してもらうため、幼稚園や保育園に協力を依頼。10カ所の保育園の園児ら約500人が1カ月がかりで苗を育て、イベント当日も園児が親子で見学に訪れた。谷水さんは「企画から運営までやり遂げることができ、貴重な体験になりました」と笑顔を見せた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ