PR

産経WEST 産経WEST

【痛み学入門講座】魔女の一撃とも…「ぎっくり腰」

Messenger

 その他の原因としては「腰椎椎間板ヘルニア」、背骨を支えている靭帯(じんたい)の異常、筋・筋膜性のもの、さらには癌(がん)の背骨への転移、「化膿(かのう)性脊椎炎」なども考えておく必要がある。患者さんのなかには、ぎっくり腰はすべて椎間板ヘルニアだと考えている方がおられるようだが、決してそうではない。椎間板ヘルニアでは下肢へひびく痛みや痺(しび)れを伴い、神経学的検査で異常(感覚異常、腱反射の低下、下肢の筋力低下など)がみられるので、鑑別することは容易である。

 治療の原則は安静にしておくことである。ペインクリニックでは、局所注射や硬膜(こうまく)外ブロックから治療を開始する。さらには診断的意義を含めて、レントゲン透視下に椎間関節ブロック、椎間関節を支配している脊髄神経後枝内側枝のブロック(高周波による熱凝固)を行っているが、一回のブロックで完治することもまれではない。

 なお、椎間関節症は首にも起こるが、私は、寝違いによる首の痛みを「ぎっくり首」、肩甲(けんこう)骨内側の痛みを「ぎっくり肩甲骨」と呼ぶ。われながら適切なネーミングだと悦に入っている。(近畿大学医学部麻酔科教授 森本昌宏)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ