PR

産経WEST 産経WEST

【陸の守り人~陸自中部方面隊物語】ヘルメットに燦然(さんぜん)と「百万一心」

少女を救出する梅本3曹(中央)
Messenger

 7月初めに発生した西日本豪雨災害。約3万1千人態勢(同月17日現在)で対応する防衛省・自衛隊にあって、甚大な被害を被った広島、岡山両県などを担当エリアとする第13旅団の隊員たちは、「百万一心」と書かれたステッカーをヘルメットに貼り、猛暑の中、任務に励んでいます。

 百万一心は、戦国武将の毛利元就(もうりもとなり)が郡山城(広島県安芸高田市)の築城に際し、人柱に代えて鎮めた石碑に刻まれたものと伝えられています。その意味は「《百=一日》日を同じうし、《万=一力》力を同じうし、《一心》心を同じうして事にあたる」。つまり一致団結の教えです。

 第13旅団の隊員は今回のみならず、常にこの言葉を胸に、あらゆる現場で任務を遂行してきました。

  ~~~ ~~~

 平成26年8月20日、広島土砂災害が発生しました。そのとき、第13旅団傘下の第46普通科連隊(海田市駐屯地=広島県海田町)に所属する3等陸曹、梅本浩史(ひろふみ)(34)は、直感的に「災害派遣要請があるかもしれない」と感じたそうです。のちの広島県の発表では、死者70人以上、住宅被害4500棟超、発災前日の1時間当たりの雨量50~60ミリと、それまで経験したことのない豪雨でした。

 20日午前6時半、広島県知事から災害派遣要請がありました。梅本3曹が所属する部隊は、広島市安佐南区に出動。現場に到着した梅本3曹には、東日本大震災の災害派遣で経験した福島県南相馬市の現場とその様相が重なったといいます。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ