PR

産経WEST 産経WEST

片山さつき地方創生相が本格始動 「地方創生へ“I can do”」 初出張で鳥取視察

鳥取県の平井伸治知事と鳥取砂丘を視察する片山さつき地方創生担当相(左)=13日午後、鳥取市(永原慎吾撮影)
Messenger

 片山さつき地方創生担当相は13日、就任後初の出張で鳥取県を訪れ「東京一極集中」の是正に向けて本格始動した。人気観光地の鳥取砂丘を視察したほか、平井伸治知事らと意見交換し、地方成長のヒントを得たようだ。入閣前は問題発言もあったが、安倍晋三首相に高い発信力を買われ、看板政策の司令塔となった。まずは24日召集予定の臨時国会が試金石となる。

 「まさに『愛・感動』『I can do』の結果が出ている」

 片山氏は13日、砂丘ヨガや専用自転車「ファットバイク」を体験できる鳥取砂丘(鳥取市)などの視察を終え、記者団にこう語った。地方創生のキーワードとして「地元愛が生む感動」と、地方の自主性を示す英語表現を掛け合わせた「片山節」といえる。

 この日は平井氏ら地元首長や財界人との懇談もこなし、同県岩美町では記者団に、自治体による観光振興や移住促進などを支援する「地方創生推進交付金」の拡充に意欲を示した。「交付金をより使いやすく拡充するため現場を拝見するのは一番重要だ」と述べ、今後も全国に足を運ぶ方針を強調した。

 片山氏は「2人分、3人分の存在感」(安倍首相)があるとはいえ、過去には言動が問題視されたこともある。

 平成26年の御嶽山噴火に際しツイッターで事実誤認の発信をして謝罪に追い込まれ、今年7月には西日本に大雨洪水警報が出る中、自民党懇親会の写真を投稿し批判を受けた。官邸筋は入閣時、片山氏に「ここが正念場だ」と告げている。

 意気込む片山氏だが、臨時国会では野党の標的になる可能性がある。担当する国家戦略特区をめぐり学校法人「加計学園」問題が再燃しているほか、片山氏の関連団体の政治資金問題を週刊誌が報じたためだ。安定した答弁で乗り切れるか手腕が試される。(永原慎吾)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ