PR

産経WEST 産経WEST

関西の学生を獲得せよ 関東の私大が躍起

Messenger

 関東の私大が関西出身の学生を獲得しようと躍起だ。関西のサテライトキャンパスで入試説明会を開いたり、関西でも受験可能な入試制度を導入したり。少子化が進む中で、幅広い層から優秀な学生を得る狙いがある。ただ、関西の私大はこうした動きを「関西の学生は地元志向が強い」と冷静に見ており、取り組みが功を奏するかは未知数だ。

 「より優秀な学生を、より広いマーケットで獲得したい」。9月下旬、立教大学(東京都)の郭洋春(カクヤンチュン)総長は大阪市内などで開かれた卒業生や在校生の保護者らの集いに出席し、関西の学生獲得に向けたPRへの協力を呼びかけた。

 同大学は来年度以降、全学部の入試でセンター試験5教科6科目の結果を利用できるようにして地方の受験生の取り込みを図るほか、関西での知名度向上のため大阪にサテライトキャンパスを設置することも検討しており、関西からの学生獲得に本腰を入れ始める。

 背景にあるのは、少子化に対する危機感だ。同大学の志願者数は平成22年度の約7万3千人をピークに減少傾向にあり、このうち関西出身者はわずか2%程度にとどまる。関西からの志願者を増やすことで、全体の志願者数の底上げを図る考えで、郭総長は「多様な学生が集まってこそ、大学は活性化する」と力を込める。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ