PR

産経WEST 産経WEST

【動画あり】五大明王壁画 色鮮やか 京都・仁和寺で初公開

仁和寺金堂内の壁に描かれた五大明王が秋の特別拝観で初めて公開された=13日午前、京都市右京区の仁和寺(永田直也撮影)
Messenger

 世界遺産・仁和寺(京都市右京区)の本尊・阿弥陀三尊が安置される金堂(国宝)で13日、本尊の裏側に広がる「裏堂」の一般公開が始まった。裏堂の公開は、江戸初期に御所の紫宸殿を移築して金堂と定めて以来約370年ぶりで初めて。壁には不動明王や降三世明王などの五大明王が描かれており、時を超えて色鮮やかな姿を見せた。

 公開は、瀬川大秀師(71)の門跡就任を披露する晋山式を記念して実施。裏堂内には6本の柱の間の壁に、高さ2・2メートル、幅2・8~3・7メートルの五大明王が1体ずつ描かれている。移築後まもなく描かれたとみられる。

 金堂はもともと、御所の紫宸殿として江戸初期に建てられた。仁和寺は応仁の乱(1467~77)でほとんどを焼失したが、寛永19(1642)年から約3年かけて紫宸殿などが移築改修され再興した。

 公開は12月16日まで。拝観料は大人800円、高校生以下は無料。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ