PR

産経WEST 産経WEST

ウナギ危機に妙手「太化」 2倍サイズでお値段も安く 高知

Messenger

 近畿で太化はまだ流通していないが、大阪市生野区のウナギ料理専門店「舟屋」店主、山本憲男さん(51)は「不漁続きの影響で廃業する店も増えている危機的状況を打開する新たな一手になり得る」と話す。ただ、「サイズが大きくなると身が厚くなるため、蒲焼きに調理に時間がかかるのでは」と懸念する。

 さらなる普及に向けてこうした課題があり、料理店からは必ずしも歓迎の声ばかりではないという。川村さんは「ウナギが高級品になり、資源保護は待ったなしの状況だ。太化への店側の理解をさらに深め、ウナギをおいしく安く食べられるための新しい選択肢になれば」と話している。

 シラスウナギ ウナギの稚魚の呼称。東アジアに分布するニホンウナギの場合、グアム島周辺の太平洋で生まれて海流に乗り、日本沿岸などを回遊して河川を遡上する直前のものをいう。養殖用に採捕されるが、近年は資源減少による価格高騰で「白いダイヤ」とも呼ばれ、密漁や密輸が後を絶たない。国際自然保護連合(IUCN)は絶滅危惧種に指定している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ