PR

産経WEST 産経WEST

【エンタメよもやま話】中国観客が米ハリウッドから国産映画にシフト、その理由は

Messenger

 そして前述のザ・インタープリターは、中国の人民は、北京や上海といった都市部に住む特権的な若者と、それ以外の田舎の街や農村部に住む若者、そして出稼ぎで北京や上海に住んでいるといった特権的でない若者との趣味趣向は大きく違うと説明。

 こうした特権的でない若者たちは、米ハリウッド映画ではなく、自分たちが置かれた現実を描く国産映画を好み、北京や上海に住む裕福で(高度な)教育を受けた若者は、定期的に米ハリウッド映画を観るものの、そんな彼らでも圧倒的に好きなのは国産映画であると明言します。

 さらに、中国の映画館チェーンが田舎の街にも映画館を増やし、スマートフォンのアプリを使って映画の割引チケットが買えるシステムを導入したため、国産映画の興行収入が一気に増えたとみています。

 実際、中国人民の趣味趣向ははっきりしており、立体アニメの続編で、米では6億200万ドル(約674億円)も稼いだディズニー配給・ピクサー製作の「インクレディブル・ファミリー」は、中国では5100万ドル(約57億円)で、米の10分の1以下。

 また「スター・ウォーズ」の世界観にも恐ろしいほど共感していないことは業界では有名で、米でも2億1400万ドル(約240億円)と振るわなかった「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」は1600万ドル(約18億円)しか稼がず…。

 中国ではこの夏、国産映画としては史上最大の予算を投じたファンタジー作品「阿修羅」がまさかの大コケ。公開初週の週末に上映打ち切りという異例の事態を引き起こしましたが、全体的にみれば、米ハリウッド映画より国産映画の方が高い評価と興行収入を稼いでいたのです。

 これまで、壮大な特殊撮影を駆使した米ハリウッドのSF娯楽大作に熱狂していた中国人民の心が、明らかに国産映画に傾き始めていることが今年、初めて、数字ではっきりしたのです。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ