PR

産経WEST 産経WEST

【宝の石図鑑】ステファナイト

Messenger

 銀鉱山というと、さぞかし銀白色のものがざくざくと、というイメージがあるかも知れないが、現実には幾種類もあるもののどれも黒っぽくすこぶる地味なもの。このステファナイトはその代表格だろう。

 鉱物研究家の堀秀道さんが著書「楽しい鉱物(2)」で、かつてこの宝の石を採掘した米国のある鉱山街は今も往時のままの姿で残り、当時のお店に当時の服装の店員さんがいて楽しかったと書かれている。銀の街という住民の誇りがそうさせるのか? 見てくれは地味でも、気持ちは輝いているようだ。(藤浦淳)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ