PR

産経WEST 産経WEST

【企業の達人】旅行会社が農産品の「見合い」セット JTBの西川太郎さん

Messenger

 糖度の高い国産野菜の特色と、西洋化する東南アジアの食卓事情などから、サラダ用に甘いニンジンや中玉のトマトの需要が伸びると判断。生産者に提案したことで、京都産品の輸出が実現したケースもある。

 海外輸出ならではのトラブルを解決するのも大事な役目だ。海外では粒の大きさや、配送料に響く重量は工業製品並みの正確さが求められる。バイヤーが求めるものを、生産者の事情を踏まえてきめ細やかに調整することで、未然に防げるケースは多い。西川さんは「客の笑顔を引き出す旅行会社のDNAを生かし、企業の“マリアージュ”(幸せな出会い)を作り続けたい」と意気込んでいる。

     

 ジャパニーズ・フーズ・プレミアム・トレード・フェア 日本の農産物や食品を集め、海外販路を開拓する商談会で、平成26年に第1回をシンガポール、香港で開催した。商談会の前後にも出展者向けの研修会やバイヤー評価のフィードバックなどを充実させ、手厚いフォロー体制が特色。30年度は9月から来年2月にかけてシンガポール、台湾など4カ所で実施する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ