PR

産経WEST 産経WEST

大津市 中2いじめ自殺7年 市長ら黙祷 来月に遺族が起こした訴訟の判決

Messenger

 いじめを受けていた大津市立中2年の男子生徒=当時(13)=が同市内の自宅マンションから飛び降りて自殺してから7年となった11日午前、越直美市長や市職員ら45人が市役所で黙祷(もくとう)し、男子生徒の冥福を祈った。

 越市長は職員らを前に、「亡くなられた中学生のつらさ、無念さを決して忘れない。いじめの対策に終わりはなく、今後も全力で取り組んでいく」と述べた。

 男子生徒は平成23年10月11日朝、自宅マンションから飛び降り死亡。25年1月に、市が設置した第三者調査委員会が「いじめが自殺の直接的要因だった」とする報告書をまとめた。

 自殺は「いじめが原因」として、遺族が元同級生らを相手に損害賠償を求めた訴訟の判決が、来月6日に大津地裁で言い渡される。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ