PR

産経WEST 産経WEST

花園ラグビー場で内覧会、関係者がリニューアル祝う

Messenger

 来秋日本で開催されるラグビーワールドカップ(W杯)の試合会場の一つで、改修工事が完了した「花園ラグビー場」(大阪府東大阪市)で11日、内覧会が開かれ、ラグビー協会関係者や招待された市民らにお披露目された。

 改修工事は、総工費は約72億6千万円をかけて平成29年2月から先月まで実施。ラグビー場北側に新たなスタンドと大型スクリーンを設置したほか、照明設備を新設するなどした。

 市は同ラグビー場の改修工事やW杯の開催費用、W杯後のラグビーを通じたまちづくり推進のため、市民や企業などから寄付を募った。8月末現在で1840件、約2億4380万円が集まったという。

 内覧会では記念式典も行われ、野田義和・東大阪市長ら関係者がテープカットしてリニューアルを祝った。招待された寄付者らも、新しくなったスタンドや日本ラグビーの歴史などを紹介するミュージアムを見て回った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ