PR

産経WEST 産経WEST

【衝撃事件の核心】妻殺めた元警官、法廷で土下座した

Messenger

 「私は極悪非道な人間です」。京都府亀岡市の自宅で、妻=当時(71)=を包丁で刺して殺害したとして殺人罪に問われた夫で元京都府警警察官の男(73)に対する裁判員裁判が京都地裁で開かれた。自身の女性関係などを叱責し続けた妻に激高したという身勝手な動機に、法廷で長女から「命をもって償ってほしい」と極刑を求められた被告がとった行動は、傍聴席への土下座だった。(宇山友明)

崩れた夫婦関係

 元警察官という経歴もあり、6月に開かれた公判で姿を見せた被告は一見、誠実そうに見えた。だが、法廷で語られた被告の人物像はそんなイメージとはかけ離れていた。

 検察側の冒頭陳述や被告人質問などによると、平成21年ごろ、定年まで4年を残して府警を早期退職していた被告は、高校時代の同級生の女性と交際。5年後には、その関係を妻に知られたが、妻は不満を抱えながら同居を継続した。

 「妻から離婚という言葉がなかった。それが妻への安堵(あんど)につながっていた」

 だが、妻の我慢も限界を超える。28年の妻の誕生日に被告が交通事故を起こし、同乗の妻が重傷を負ってからは、せきを切ったように被告を責めるように。以降、すでに関係が終わっていた不倫や交通事故のことを叱責され、さらには被告が経済的な援助をしていた親族への悪口も言われるようになっていった。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ