PR

産経WEST 産経WEST

大阪北部地震、西日本豪雨で関西のスーパー3社が特損

関西地盤のスーパー4社の18年8月中間連結決算
Messenger

 関西地盤のスーパー主要4社の平成30年8月中間連結決算が10日、出そろった。西日本豪雨で店舗が浸水したマックスバリュ西日本と、大阪北部地震で被災したライフコーポレーション、平和堂の3社が1億円を超える特別損失を計上。災害の影響が決算にも現れた。

 西日本豪雨の際に広島県三原市の店舗が浸水したマックスバリュ西日本は、1億2100万円の特別損失を出した。来店客の減少も響いて、最終利益は前年同期比39・2%減の8億円だった。

 ライフコーポレーションの最終利益は17・1%増の29億円だったが、大阪北部地震で一部店舗が被害を受け、1億2500万円の損失が発生した。

 大阪北部地震では、平和堂も1億2千万円の損失を計上。ただ中国での小売り事業が収益に貢献し、最終利益は15・6%増の44億円を確保した。

 オークワは、約1年半前に稼働を開始させた岐阜県内の総菜工場が順調で、最終利益は6・4%増の9億円だった。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ