PR

産経WEST 産経WEST

大麻入り菓子を密輸の疑い 日刊スポーツ記者を逮捕

押収された大麻を含む菓子(神戸税関提供)
Messenger

 大麻成分を含む洋菓子を米国から密輸しようとしたとして、近畿厚生局麻薬取締部神戸分室が、大麻取締法違反の疑いで、日刊スポーツ新聞西日本編集局整理部記者、辻本崇之容疑者(46)=神戸市=を逮捕、送検していたことが10日、分かった。「自分で食べるため密輸した」と容疑を認めているという。同分室と神戸税関は同日、関税法違反(密輸入未遂)の罪で神戸地検に告発した。

 送検容疑は8月7日、大麻成分を含むチョコレートやスナック菓子計約105グラムを米国から羽田空港に密輸しようとしたとしている。同空港に到着した小包を東京税関羽田支署の職員が調べて発見した。

 神戸税関などによると、辻本容疑者はツイッター上で薬物を販売しているアカウントを見つけ、洋菓子を注文。航空貨物で自宅に届くよう手配していた。

 日刊スポーツ西日本経営企画本部は「大変申し訳ない。事実関係を調査し、厳しく処分する方針です」とコメントした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ