PR

産経WEST 産経WEST

【虎番疾風録(39)】仰天ロッテ山本監督決定

電撃的にロッテの監督に就任した山本氏
Messenger

 阪神の「監督問題」も一件落着。久々にのんびりとした気分に浸っていた。

 各球団の“新監督”も次々に決まり、近鉄は“西本野球”を継承する関口清治コーチ(55)が昇格。西武は広岡達朗(49)と5年契約を結び、根本陸夫が管理部長としてフロントに入った。横浜大洋は関根潤三(54)。まだ、決まっていないのはロッテだけだった。〈所詮、東京のチームや〉という油断があった。

 11月13日の夕方、編集局に衝撃が走った。「ええ、ほんまかいな!」。東京からの連絡によると、ロッテの監督に近鉄の山本一義(かずよし)コーチ(43)の就任が決定。午後7時から東京・錦糸町のロッテ会館で就任発表が行われる-というのである。

 「こんな大きな動きを、誰も知らんかったんか!」と怒鳴るデスク。同い年の近鉄担当・山本豊とあわてて編集局を飛び出した。

 ロッテは10月19日に山内一弘(かずひろ)監督があと1年の契約期間を残して退団した。この時期、在野の監督候補たちはほとんどが就職先を決めている。それでもロッテ本社はフロントを急がせ「10人の候補者リスト」を作り、片っ端から交渉を開始した。野村克也、土橋正幸、豊田泰光-と次々に断られ、OBの中では金田正一、張本勲、醍醐猛夫らの名前が挙がったという。

 その中で本社が“本命”に推したのが有藤通(みち)世(よ)(当時34歳)の兼任監督案。だが、重光武雄オーナーが「あと3年、プレーヤーとして専念させよう」とストップをかけた。窮した本社上層部は、当時、パ・リーグの「ドン」といわれた元南海監督の鶴岡一人へ相談。その鶴岡が推薦したのが山本だった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ