PR

産経WEST 産経WEST

阪神金本監督、CS決めた巨人との「力の差」を嘆く 神4-9巨

阪神・金本知憲監督=甲子園球場(水島啓輔撮影)
Messenger

 今季の最下位が決まった阪神と、チャンスに長打が出て3位を決めた巨人。金本監督は「力の差がはっきりある。長打力がやっぱり課題です…」と嘆いた。

 2点を追う六回は大山の適時打と、相手投手の暴投と捕手の悪送球で同点に追い付く粘りを見せた。しかし、七回に3番手でマウンドに上がった桑原が先頭の岡本に勝ち越しの本塁打を許し、八回には望月がまたも岡本に2ランを浴びて突き放された。打線は七回2死一、三塁でルーキーの島田が凡退。八回は無死一塁から大山が併殺に倒れた。今季、何度も繰り返された投打自滅の光景だった。

 10日のDeNA戦が甲子園での最終戦。主将の福留は「(チームの)みんながどう思ってやるか」と勝利への奮起を期した。(吉原知也)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ