PR

産経WEST 産経WEST

【関西の力】教育・源流(2)阪大の研究拠点 若者の野心に応えられる「場所」とは

Messenger

 優秀な科学者がより良い研究環境を求めて海外に出る「頭脳流出」が指摘されて久しいが、IFReCが良いから-と、国内にとどまる若手も少なくない。

 「洪庵先生は勉強の仕方だけを教え、あとは適塾の環境を整えることに専心した」と木下教授。自らの可能性を最大限に伸ばせる場所を求める若者の野心。それに応えられる環境を整えようとするIFReCの知恵が、若い力を関西に呼び込んでいる。

(平成29年5月31日夕刊1面掲載 年齢や肩書き、呼称は当時)

     ◇

 伝統、文化、医学、農業、エンターテインメント、スポーツ…。関西には世界に誇れる魅力あるコンテンツがあふれている。現状の停滞を打破し、突破できる「力」とは何か。この連載では、さまざまなジャンル、切り口で「関西の力」を探る。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ