PR

産経WEST 産経WEST

「カルピス」発売100年へ 生みの親・三島海雲の足跡とは…故郷の大阪・箕面で企画展 原点は「酸乳」との出合い

昭和初期の「カルピス」のポスターなどが並ぶ会場=大阪府箕面市
Messenger

 来年発売から100年を迎える「カルピス」の生みの親として知られる大阪府箕面市出身の実業家、三島海(かい)雲(うん)(1878~1974年)の足跡をたどる企画展「三島海雲とカルピス展」が箕面市立郷土資料館(同市箕面)で開かれている。カルピス開発の原点となる内モンゴルでの「酸乳」との出合いや、「初恋の味」という斬新なキャッチフレーズなど、貴重な資料を集めて紹介している。(張英壽)

 市や、アサヒ飲料のホームページ(HP)によると、三島は現在の箕面市の寺院で長男として生まれ、教師として中国に渡った。その後、雑貨商となり、北京から内モンゴルに入った際、遊牧民が飲んでいた羊の乳を乳酸菌で発酵させた「酸乳」に出合い、おいしさに驚いた。帰国後、研究を重ね、大正8年に日本初の乳酸菌飲料「カルピス」が発売された。

 企画展では、酸乳を薦められた内モンゴルの一家と写る明治41年の三島の写真を展示し、「この時の体験が『カルピス』の発想をはぐくんでいった」と記述。大正から平成までラベルの変遷も紹介している。

 またアイデア広告マンとしての側面も取り上げ、「カルピスの一杯に初恋の味がある」(大正11年)、「此(こ)の一杯に初恋の味がある」(大正12年)と書かれたポスターの複製を展示。「初恋の味」というキャッチフレーズは当時としては斬新で、アサヒ飲料のHPでは、「世論を二分するほど話題になりました」「またたくまに日本中に広がっていきました」と記している。モダンガール風のファッションの女性を描いた昭和初期のポスターも並べられている。

 一方、昭和37年に全財産を投じて設立した「三島海雲記念財団」についても紹介。財団は現在も続き、自然科学や人文科学の分野で支援活動を行っている。

 郷土資料館の担当者は「三島海雲が箕面市出身というのはあまり知られていないが、アイデア広告マンだった一方で、財団をつくり社会にも貢献した。多様な功績があったことを知ってほしい」と話す。

 11月28日まで。午前10時~午後5時。無料。木曜日休館。問い合わせは同館((電)072・723・2235)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ