PR

産経WEST 産経WEST

本庶佑さん 虎党もゴルフも「真剣勝負」 岡田彰布さん後援会長は15年目、スコア目標は「エージシュート」

Messenger

 ノーベル医学・生理学賞の受賞が決まった京都大特別教授の本庶佑(ほんじょ・たすく)さん(76)。プロ野球・阪神タイガースの大ファンで、元阪神監督の岡田彰布(あきのぶ)さん(60)の後援会長を務めて15年目だ。ゴルフ愛好家としても知られ、現在の目標は年齢と同じスコアで回る「エージシュート」で、すでに2打差に迫っているという。妥協を許さない厳格な研究を貫きノーベル賞に輝いたが、野球の応援もゴルフも常に真剣勝負で挑む。(桑村大、嶋田知加子)

 本庶さんは、岡田さんが監督に就任した平成16年に発足した後援会の一つ「メンバーズ80・岡田会」の会長を発足時から務める。京都ゆかりの文化人や政治家が所属する同会の会員数は、岡田さんの監督時代の背番号にちなんで限定80人。パーティーやゴルフを通じて岡田さんとの交流を深めてきた。

 忙しい中でも年に数回は阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)に足を運ぶという本庶さん。一緒に阪神戦を観戦したことがある同会事務局長の山田高士さん(64)によると、本庶さんは「応援するというより、真剣なまなざしで黙々と試合を追う」のだという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ