PR

産経WEST 産経WEST

【越後屋のトラ漫遊記】どうすれば弱者から勝者に変わることができるのか 抜本的な再建策迫られる阪神

金本監督の3年目はBクラスに終わった。来季に向け明るい材料に乏しいが、球団がとるべき方策は
金本監督の3年目はBクラスに終わった。来季に向け明るい材料に乏しいが、球団がとるべき方策は

 アナタは金本阪神の来季に夢を見ることができますか。阪神は136試合消化時点で59勝75敗2分の借金16でリーグ最下位に低迷。このままでシーズン終了なら2001年以来、17年ぶりの最下位です。今季から3年契約を結んでいる金本知憲監督(50)の「来季続投方針」を球団幹部は公言しましたが、オフの戦力補強には消極的で来季の指導体制にも大変革はありません。結局は“大物新外国人野手”獲りが唯一の希望…。過去3年で若手が育っていればそれでもOKですが、現状を見る限りでは手ぬるさを感じます。このまま暗黒時代にドップリ…となるのを心配せざるを得ません。

ノーベル賞の本庶教授「まずは指揮官の交代」 

 あまりにも痛烈で直球勝負のコメントに笑ってしまいました。2018年度のノーベル医学生理学賞を受賞した京都大高等研究院の本庶佑(ほんじょ・たすく)特別教授(76)は大の阪神ファンで元阪神監督・岡田彰布氏の個人後援会のメンバーでもあるのですが、テレビのインタビューで阪神再建策を問われると…

 「まずは、指揮官の交代ですね!!」

 ニコリともせずに言い切った本庄佑教授にテレビ局のスタジオは大爆笑でした。こうしたケースでは当たり障りのないことを答えてお茶を濁すのが“普通”ですが、何事にも真面目に取り組み、奥様からも「探求心が凄い」と言われるノーベル賞受賞者は自身の“ダメトラ研究論文”をズバリと公表したのです。

 阪神を愛し、どうすれば弱者から勝者に変わることができるのか…。がん細胞を攻撃する新しいタイプの「がん免疫療法」オプジーボを開発した本庶佑教授は、そのずば抜けた頭脳で金本阪神を徹底分析、研究したのでしょうね。その結論が指揮官の交代とは…。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ