PR

産経WEST 産経WEST

【スポーツ記者リポート】ラグビーW杯 関西で“ほんまもん”の面白さ体感 競技人口増加の後押しに

Messenger

 まだ注目度が低い分、伸びしろは多くある。来年9月20日に開幕するラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会まで1年を切った。大阪と神戸を含む全国12の開催地では競技場などハード面の整備が整い、今後は機運向上へのラグビー界全体の取り組みがポイントになる。

 W杯日本大会組織委員会によると、16年のアジア全土の競技人口は約56万2千人。世界的にも水準は低い。競技振興を図る国際統括団体ワールドラグビーのビル・ボーモント会長は、アジア初開催の今大会の意義を「ラグビーは変革の原動力で、アジア大陸で競技を広められると信じている」と強調する。

 日本が歴史的3勝を挙げた前回大会。国内は盛り上がりを見せたが、メジャーになったとはいえず、残念ながら尻すぼみ状態だ。今大会の関西2会場に目を向けると、日本代表の試合は開催予定もない。肝心の注目度で懸念を抱える。

 だが、関西会場で予定されている海外チームの4試合は大きなPRのチャンスととらえることができる。

 大阪・花園ラグビー場で注目されるのが、来年10月3日のジョージア-フィジーの対戦だ。格闘技が盛んでスクラムに定評のあるジョージアと、変幻自在のパス交換が「フィジアンマジック」と称されるフィジーによる個性のぶつかり合いは熱狂必至。ノエビアスタジアム神戸には、世界ランキング2位のアイルランド(4日現在)や、同4位で母国のイングランド(同)など強豪が登場する。“ほんまもん”を通して競技の面白さを体感できるのは最大のアピールだ。

 認知度向上へさらなる工夫も求められる。大阪や神戸の会場では子供たちが足を運びやすいように、16歳未満対象の千円チケットが販売されている。普及につなげるためにも、選手による学校訪問など草の根のPR活動は有効ではないか。

 サッカー2002年日韓W杯で話題を集めた大分・旧中津江村のように、公認キャンプ地が盛り上げのきっかけにもならないだろうか。今大会、関西では滋賀、大阪、兵庫、和歌山で設定されている。おもてなし精神は日本の強み。関西全体を盛り上げるカギにしたい。(吉原知也)

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ