PR

産経WEST 産経WEST

【エンタメよもやま話】食べて健康の「嘘」 一滴でも「酒は百“毒”」、ココナッツオイルは「最悪」との研究

Messenger

 8月21日付の英紙デーリー・メールや翌22日付の米紙USAトゥディ(いずれも電子版)などが報じているのですが、ドイツのフライブルク大学にある腫瘍疫学研究所の責任者で、米の名門ハーバード大学のT.H.チャン公衆衛生大学院で非常勤教授(疫学)も務めるカリン・ミケルス氏がドイツで約50分にわたって行った講演で、こう言い放ったのです。

 「ココナッツオイルについて、急いで警告すべきことがあります。ココナッツオイルは純粋な毒であり、あなたが食べることのできる最悪の食べ物のひとつです」

 無論、ココナッツオイルが本当に毒だというわけではないのですが、米心臓協会によると、ココナッツオイルに含まれる脂肪分の80%以上が、心臓や血管の病気にかかるリスクを高め、体に悪いとされる「飽和(ほうわ)脂肪酸」だというのです。

 これはバター(63%)、牛肉(50%)、豚肉(39%)と比べて、はるかに多い割合です。そのためミケルス氏は、ココナッツオイルについて「ラードよりも(体に)悪い」とまで言い切ったのです。

 逆に、一般的な油に含まれる脂肪酸と比べてエネルギーとして燃えやすく、減量に効果的とされる中鎖脂肪酸(ちゅうさしぼうさん)は14%しか含まれていませんでした。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ