PR

産経WEST 産経WEST

【エンタメよもやま話】食べて健康の「嘘」 一滴でも「酒は百“毒”」、ココナッツオイルは「最悪」との研究

Messenger

 それによると、アルコール10グラムを含むお酒、例えばグラス1杯のビールやワイン、蒸留酒などを1日に1杯飲むと、喉頭(こうとう)がんや糖尿病、肝硬変といった、アルコールが原因で起きる計23の疾患のうち、少なくとも1つを発症するリスクが0・5%上昇。これが1日2杯になると7%、5杯になると37%というように、どんどん上昇するというのです。

 この研究結果について、研究論文の主著者である米ワシントン州シアトルの保健指標評価研究所(IHME)の研究者、マックス・グリスウォールド氏は「アルコールの摂取に関して言えば、安全なレベルはない」と明言。

 論文の共著者で、IHMEのシニアディレクターのエマニュエラ・ガキドゥ・米ワシントン大学教授も「(この研究結果を見れば)人々は、1日にグラス1杯か2杯のお酒なら体に良いと考えるべきではない。1番いいのは(お酒を)全く飲まないことだ」と断言しました。

 欧米などでは、適度な飲酒が心筋梗塞を予防するという多くの研究結果が発表されていますが、IHMEの研究者、マックス・グリスウォールド氏は「こうしたアルコールの予防効果は、今回明らかになったリスクによって相殺(そうさい)された」と述べ、「総じて、アルコールに関連する健康リスクは、毎日消費される量に沿って上昇していた」と結論付けたのでした。

 ちなみに、今回の研究によると、2016年、全世界で約280万人が飲酒が原因で早死にしているそうです。そして、15歳から49歳の人々にとって、アルコールは健康問題における主要なリスクファクター(危険因子)であると位置づけています。

 古代ギリシャの哲学者アナカルシスは言いました。「酒の1杯は健康のため。2杯は快楽のため。3杯は放縦のため。4杯は狂気のため」。でもどうやら、この格言。真っ赤な嘘だったようです…。

■女性の大好き、ココナッツオイルは「 Pure Poison(純粋な毒)」

 そして二つ目。ここ数年、女性の間で美容や健康に良いと話題のココナッツオイルですが、何とこれが「 Pure Poison(純粋な毒)」で「あなたが食べることのできる最悪の食べ物のひとつ」だというのです。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ