PR

産経WEST 産経WEST

【NIE出前授業】桃山学院 本紙運動部長が“会見”

出前授業で、生徒の質問に答える北川信行運動部長=大阪市阿倍野区
Messenger

 新聞を使った授業(NIE)に取り組んでいる桃山学院中学校(大阪市阿倍野区)で2日、産経新聞編集企画室が出前授業を行った。本紙運動部の北川信行部長の「模擬会見」を同校の2年生が取材し、その内容を記事にした。

 新聞を文化の一つととらえた「文化研究」という授業の一環。2年生は、これまでスクラップの仕方や記事の書き方などを学んできた。

 まず、北川部長が運動部について説明。スポーツ記者になった理由として、「旅行が好きで、いろいろな国に取材で行けるから」と話し、外国人選手に取材することがあることから、「スポーツ記者には語学が大切」と強調した。また、「試合での感動を、映像を使わずに文章で伝えるのが役割」と話した。

 その後は、生徒たちが北川部長を取材。「インタビューをするときに一番大切なことは」という質問に、北川部長は「アバウトな質問をせず、焦点をしぼった質問をすることが大事」と応じた。生徒たちは、北川部長の言葉を熱心にメモし、会見内容をもとに、記事執筆に挑戦していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ